読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディグログ

旅行やゲームのことが多いです。嫁と楽しくやってます。

漫画好きの僕が自信を持ってオススメする短編集

f:id:digdig_o:20160214021719j:plain

ふと漫画が読みたくなった時。

連続物じゃなくて、いっとき別の世界に浸かりたい時。

僕は一話完結、一巻完結の漫画を読む。

 

今回はそんな時にオススメな、ある一冊の短編集のお話。

 

 

オノ・ナツメ短編集 Danza[ダンツァ]

今回オススメするのはオノ・ナツメさんの短編集Danza[ダンツァ]。

この本には男の心のつながりや友情をメインテーマに描いた6作品が収録されている。

 

 

 

親子 兄弟 仕事仲間など描かれているつながりも様々である。

 

 

オノ・ナツメについて

オノ・ナツメさんはかなり特徴的な絵柄の女性漫画家。

ウィキペディアによると

作品ごとに微妙に使い分ける絵柄には外国のマンガやアートの影響が強くみられ、まるで外国映画を見るようなアダルトな雰囲気やテンポの作風

オノ・ナツメ - Wikipedia

 

ほんとそう。どこかアダルティ。

ぼくはさらい屋 五葉ふたがしらは読んだことがあったので、この短編集が三作品目となる。

この2つとは全く違う世界観で驚いた。

 

さらい屋五葉(1) (IKKI COMIX)

さらい屋五葉(1) (IKKI COMIX)

 

 

ふたがしら(1) (IKKI COMIX)

ふたがしら(1) (IKKI COMIX)

 

 

感想

号泣するわけでもなく、メチャクチャテンションが上がるわけでもない。

でも読後の満たされ方が凄まじい。

 

出てくるキャラクターがみんな不器用なんだよね。思いやり、気持ちはあるんだけどそれを真っ直ぐ伝えないの。

それが最後にしっかり伝わることに爽快感を覚える。

 

僕はめちゃくちゃ好き。

あとオシャレ。表紙とか間のとり方とか。カバンの中身見せる企画で中からこれが一冊出てきたらすげーオシャレな雰囲気。

 

結論

わざわざブログ書いてまで紹介するほど好きな本だった。

ちょっとでも気になったらAmazonのレビューでも読んで自分に合うか確認したら良いと思うよ。

 

あと今ボクもレビュー見たんだけど15件あって評価4.8ってすげぇな。